トップページ > お知らせ > 働き方改革関連施策に関する調査結果 日本商工会議所

働き方改革関連施策に関する調査結果 日本商工会議所

平成30年2月1日に、日本商工会議所から、「働き方改革関連施策に関する調査結果」が公表されました。

働き方改革関連施策について、中小企業の取り組みの現状や課題、要望等を把握するために行われ、1,777社の回答がまとめられています。

1 時間外労働の上限規制が導入された場合の影響について、20.5%の企業で「新たな上限規制に抵触する労働者がいる」と回答しています。施行時期を遅らせるべきと回答した企業は42.7%、上限規制に抵触する労働者がいると回答した企業のなかでみると70.6%の企業が導入を遅らせるべきだと回答しています。

2 同一労働同一賃金制度については、対象となりうる非正規社員の有無について、36.0%の企業が「対象となりそうな非正規社員がいる」と回答しています。施行時期を遅らせるべきと回答した企業は、51.8%ととなり、対象となりそうな非正規社員がいると回答した企業のなかでは、67.7%が施行を遅らせるべきだと回答しています。

詳しくは ↓ のレポートをご参照ください。

タグ:,,,

鹿児島銀行鹿児島銀行

九州経済研究所九州経済研究所

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

KTS鹿児島テレビKTS鹿児島テレビ

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

関連リンク

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

介護経営研究会介護経営研究会

Touch On TimeTouch On Time

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

トップへ戻る