トップページ > お知らせ > 平成29年度平均の有効求人倍率は1.54倍でバブル期を上回る

平成29年度平均の有効求人倍率は1.54倍でバブル期を上回る

厚生労働省が4月27日に公表した一般職業紹介状況によると、平成29年度平均の有効求人倍率は前年度の1.39倍から0.15ポイント上昇し、1.54倍となることがわかりました。

平成21年度(0.45倍)から8年連続の上昇で、1倍超えは4年連続。バブル期の平成2年(1990年)度の1.43倍を27年ぶりに上回りました。

有効求人数が前年度に比べて6.1%増加する一方で、有効求職者数は4.0%減少。月平均の人数で見ると、有効求人数が272.6万人であるのに対し、月平均の有効求職者数は177.0万人となり、求人数と求職者数には100万人近い開きが生じています。

 
なお、直近の平成30年3月の有効求人倍率は1.59倍で、前月から0.01ポイント上昇。有効求人数は前月に比べて0.6%減となったが、有効求職者数も1.0%減少しています。

人材不足と言われて久しく、事業主様も肌で感じられていることと思いますが、データで裏付けられたかたちです。

今後、「採用」に関しては、戦略的に考えていかないと人材の確保ができません。

採用に関してのご相談は当社までお気軽にどうぞ。

タグ:,,,

鹿児島銀行鹿児島銀行

九州経済研究所九州経済研究所

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

KTS鹿児島テレビKTS鹿児島テレビ

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

関連リンク

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

介護経営研究会介護経営研究会

Touch On TimeTouch On Time

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

トップへ戻る