トップページ > お知らせ > 労働契約法20条「不合理な格差」について最高裁が初判断

労働契約法20条「不合理な格差」について最高裁が初判断

同じ仕事内容で、正規社員と非正規社員の待遇の格差(ハマキョウレックス事件)、仕事内容がかわらず継続雇用された嘱託社員の給与支給額の減額(長澤運輸事件)について、6月1日、最高裁判決がでました。正規社員と非正規社員の待遇の格差については、不合理だと判断され、再雇用の嘱託社員の給与額減額については、不合理とはいえないとの判断が示されました。

このような非正規社員と正規社員の格差についての事例は一般的に多く見受けられるので、この最高裁の判断は今後、労務管理の上で大きな影響を与えます。

いまいちど、労務環境の見直しをオススメいたします。

この問題に関してのお問い合わせは弊社までお気軽にどうぞ。

タグ:,,,

関連リンク

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

介護経営研究会介護経営研究会

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

株式会社エイチエル株式会社エイチエル

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

九州経済研究所九州経済研究所

タッチオンタイムタッチオンタイム

私たちは応援しています!

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

トップへ戻る