トップページ > お知らせ > 労災保険の業種区分の検討会が初会合、一部業種の分離独立を検討

労災保険の業種区分の検討会が初会合、一部業種の分離独立を検討

7月3日、労災保険の業種区分に係る検討会の初会合が開かれ、労災保険率を適用する54種類の業種区分見直しの検討に着手し、今年度末までに結論を得るとしました。

検討会で主な論点とされるのは、「その他の各種事業」に区分されている各事業(事業の種類の細目)のうち、適用労働者数が100万人を超える「教育業」「医療業」「社会福祉又は介護事業」「情報サービス業」と、規模はそこまで大きくないが災害発生頻度が比較的高い「幼稚園」「保育所」「認定こども園」の分離独立です。

医療業、社会福祉又は介護事業も災害発生頻度が高く、一方で情報サービス業は、発生頻度は低いが災害重篤度が高い傾向にあります。

今後はこれらの業界団体等にヒアリングを行いながら、検討を進める予定とのことです。

詳しくはコチラを御覧ください。→労災保険の業種区分に係る検討会

タグ:,,,

関連リンク

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

介護経営研究会介護経営研究会

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

株式会社エイチエル株式会社エイチエル

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

九州経済研究所九州経済研究所

タッチオンタイムタッチオンタイム

私たちは応援しています!

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

トップへ戻る