トップページ > お知らせ > 障害者雇用 国の機関の実雇用率2.31% 法定雇用率を下回る

障害者雇用 国の機関の実雇用率2.31% 法定雇用率を下回る

 厚生労働省は、「令和元年 国の機関における障害者任免状況の集計結果」を公表しました。

 今回の集計結果は、障害者雇用促進法の規定に基づき、国及び地方公共団体に義務付けられている毎年6月1日現在の障害者の任免状況の通報のうち、国の機関分を集計したものです。
 これによると、令和元年(2019年)の6月1日現在の国の機関における雇用障害者数は7,577人(前年3,902.5人)、実雇用率は2.31%(前年1.22%)という結果でした。

 2018年8月の中央省庁による雇用水増し問題発覚を契機に注目を集めている話題ですが、今回の集計調査についても、実雇用率が法定雇用率(2.5%)を下回っていることに注目が集まっています。

 行政も民間も障害者雇用の主旨を忘れず、真摯に対応していきたいものです。

厚生労働省HP

タグ:,,,,

鹿児島銀行鹿児島銀行

九州経済研究所九州経済研究所

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

KTS鹿児島テレビKTS鹿児島テレビ

薩摩酒造株式会社薩摩酒造株式会社

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

関連リンク

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

介護経営研究会介護経営研究会

Touch On TimeTouch On Time

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

トップへ戻る