トップページ > お知らせ > 長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導、約7割の事業場で法令違反

長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導、約7割の事業場で法令違反

厚生労働省は、「長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果(平成30年度)」を公表しました。
平成30年度(2018年度)に、長時間労働が疑われる29,097事業場に対して実施された労働基準監督署による監督指導の結果を取りまとめたもので、監督実施事業場のうち69.6%の事業場で、労働基準法などの法令違反が認められたとの内容になっています。

⑴監督指導の実施事業場:29,097事業場

このうち、20,244事業場(全体の69.6%)で労働基準関係法令違反あり

⑵主な違反内容[⑴のうち、法令違反があり、是正勧告書を交付した事業場]

① 違法な時間外労働があったもの:11,766事業場(40.4%)

うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が月80時間を超えるものは、7,857事業場(66.8%)

② 賃金不払残業があったもの:1,874事業場(6.4%)

③ 過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの:3,510事業場(12.1%) など

監督指導事例も紹介されていますので、ぜひご一読下さい。

タグ:,,

鹿児島銀行鹿児島銀行

九州経済研究所九州経済研究所

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

KTS鹿児島テレビKTS鹿児島テレビ

薩摩酒造株式会社薩摩酒造株式会社

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

関連リンク

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

介護経営研究会介護経営研究会

Touch On TimeTouch On Time

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

トップへ戻る