トップページ > お知らせ > 経団連、社会保障の一体改革による安心の確保に向けて提言 高齢者に所得に応じた負担を求める

経団連、社会保障の一体改革による安心の確保に向けて提言 高齢者に所得に応じた負担を求める

経団連(日本経済団体連合会)は、「経済成長・財政・社会保障の一体改革による安心の確保に向けて~経済構造改革に関する提言~」を取りまとめ、公表しました(令和元年(2019年)11月13日公表)。

 社会保障制度については、現役世代の保険料負担が増加する一方で、給付を受ける高齢者の医療費が増大していることを問題視し、給付と負担のアンバランスを是正すべきとし、次のような「制度改革に向けた経済界の3つの基本的な視点」を掲げています。

①世代間の公平性の確保に向けた負担の見直し

②人口減少や技術進歩を踏まえた保険給付のあり方の見直し

③医療・介護費用の適正化に向けた取り組みの推進

 報道でも話題になっていますが、医療・介護の分野に関し、75歳以上の窓口負担を現在の1割負担から2割負担とすべきとしています。所得に応じて負担割合が異なる介護においても、現行の原則1割負担から2割負担の対象者を増やすべきとしています。

 また、受診時定額負担の導入や、医薬品の保険給付の在り方の見直しも必要としています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<経済成長・財政・社会保障の一体改革による安心の確保に向けて(経団連)>

タグ:

鹿児島銀行鹿児島銀行

九州経済研究所九州経済研究所

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

KTS鹿児島テレビKTS鹿児島テレビ

薩摩酒造株式会社薩摩酒造株式会社

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

関連リンク

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

介護経営研究会介護経営研究会

Touch On TimeTouch On Time

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

トップへ戻る