トップページ > お知らせ > 新型コロナウイルス対策 東京都でテレワーク導入企業が増加 1か月で2.6倍

新型コロナウイルス対策 東京都でテレワーク導入企業が増加 1か月で2.6倍

東京都・TOKYOはたらくネットから、「テレワーク導入率緊急調査」の結果が公表され、話題になっています。
この調査は、従業員30人以上の都内所在の企業を無作為抽出し、3月と4月に実施。それぞれ約400社が回答した結果をまとめたものです。
そのポイントは次のとおりです。
●都内企業(従業員30人以上)のテレワーク導入率は、4月において62.7%。
3月時点の調査(24.0%)に比べて2.6倍に大きく上昇。
●テレワークを実施した社員は、4月において平均約5割(49.1%)。
12月時点では、平均約2割(15.7%)であり、テレワークを実施する社員が大幅に増加。
その他、1か月の勤務日(約20日)のうち、テレワークを実施した日数も大幅に増加しているということです。
東京都内における調査ではありますが、大幅にテレワークが普及しているとして話題になっています。

テレワークを利用するためには、目的をしっかり決め、適切な導入及び実施をする必要があります。詳しくは下記のリーフレットでご確認ください。

<情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン>

タグ:,,

鹿児島銀行鹿児島銀行

九州経済研究所九州経済研究所

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

KTS鹿児島テレビKTS鹿児島テレビ

薩摩酒造株式会社薩摩酒造株式会社

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

関連リンク

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

介護経営研究会介護経営研究会

Touch On TimeTouch On Time

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

fbn-coronaprojectfbn-coronaproject

トップへ戻る