トップページ > お知らせ > 「雇用シェア」を活用する場合、一定の要件を満たせば雇用調整助成金が使えます!(厚労省)

「雇用シェア」を活用する場合、一定の要件を満たせば雇用調整助成金が使えます!(厚労省)

 厚生労働省から、「「雇用シェア」(在籍型出向制度)を活用して、従業員の雇用を守る企業を無料支援します!」というリーフレットを掲載したとのお知らせがありました。

 同省では、新型コロナウイルス感染症の影響により、一時的に雇用過剰となった企業が従業員の雇用を守るため、人手不足などの企業との間で「雇用シェア」(在籍型出向制度)を活用しようとする場合について、双方の企業に対して出向のマッチングを無料で行うということです。

 そして、「雇用シェア」を活用する場合、一定の要件を満たせば雇用調整助成金が使えるということです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

雇用シェアによる出向の具体例なども掲載されています。

<リーフレット「「雇用シェア」(在籍型出向制度)を活用して、従業員の雇用を守る企業を無料支援します!」を掲載しました>

タグ:,

鹿児島銀行鹿児島銀行

九州経済研究所九州経済研究所

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

KTS鹿児島テレビKTS鹿児島テレビ

薩摩酒造株式会社薩摩酒造株式会社

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

関連リンク

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

介護経営研究会介護経営研究会

Touch On TimeTouch On Time

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

fbn-coronaprojectfbn-coronaproject

トップへ戻る