トップページ > お知らせ > 令和2年の過重労働解消相談ダイヤル 「長時間労働・過重労働」に関する相談が最多

令和2年の過重労働解消相談ダイヤル 「長時間労働・過重労働」に関する相談が最多

 厚生労働省から、「過重労働解消キャンペーン」の一環として令和2年11月1日に実施された「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果が公表されました(令和2年12月7日公表)。

今回の無料電話相談には、合計で162件の相談が寄せられたとのことです。
相談内容としては、「長時間労働・過重労働」に関するものが30件(18.5%)と一番多く、次いで「賃金不払残業」が26件(16.0%)となっています。

これらの相談のうち、労働基準関係法令上、問題があると認められる事案については、相談者の希望を確認した上で、労働基準監督署に情報提供を行い、監督指導を実施するなど、必要な対応を行っているということです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果を公表します>

タグ:,

鹿児島銀行鹿児島銀行

九州経済研究所九州経済研究所

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

KTS鹿児島テレビKTS鹿児島テレビ

薩摩酒造株式会社薩摩酒造株式会社

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

関連リンク

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

介護経営研究会介護経営研究会

Touch On TimeTouch On Time

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

fbn-coronaprojectfbn-coronaproject

fbn-islsconsultingfirmfbn-islsconsultingfirm

トップへ戻る