トップページ > お知らせ > 介護保険料の全国加重平均が初の月額6,000円超え 発足時の2倍以上(厚労省)

介護保険料の全国加重平均が初の月額6,000円超え 発足時の2倍以上(厚労省)

 厚生労働省から、「第8期介護保険事業計画期間における介護保険の第1号保険料及びサービス見込み量等について」が公表されました(令和3年5月14日公表)。

 介護保険の保険料(第1号被保険者の保険料)は、3年度に1度見直されますが、今回、令和3年度~令和5年度(第8期介護保険事業計画期間)における保険料の全国加重平均が公表されています。

 その月額が、6,014円となり、初めて6,000円を超えたことが報道など話題になっています。

 介護保険制度の発足時には、2,911円だったので、2倍を超えて増加したことになります。

 なお、団塊の世代が全員75歳以上となる令和7年度の保険料は6,856円になると見込まれるとの推計も公表されています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<第8期介護保険事業計画期間における介護保険の第1号保険料及びサービス見込み量等について>

タグ:

鹿児島銀行鹿児島銀行

九州経済研究所九州経済研究所

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

KTS鹿児島テレビKTS鹿児島テレビ

薩摩酒造株式会社薩摩酒造株式会社

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

関連リンク

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

介護経営研究会介護経営研究会

Touch On TimeTouch On Time

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

fbn-coronaprojectfbn-coronaproject

fbn-islsconsultingfirmfbn-islsconsultingfirm

トップへ戻る