トップページ > お知らせ > 令和3年10月からの業務改善助成金の要件緩和・運用改善についてお知らせ(厚労省)

令和3年10月からの業務改善助成金の要件緩和・運用改善についてお知らせ(厚労省)

 厚生労働省から、令和3年10月からの業務改善助成金の要件緩和・運用改善について、お知らせがありました。

 コロナ禍において、賃上げや人材育成に取り組む事業者を支援するために、業務改善助成金について要件緩和などを行い、使い勝手の向上を図るということです。

 たとえば、助成対象となる「人材育成・教育訓練」費用の要件については、次のように見直されます。

【見直し前】

● 研修の外部講師の謝金について、1時間当たり10万円まで(3時間まで)、回数は1回までを上限。

● 外部団体が行う研修等の受講費について、上限30万円。

【見直し後】

● 研修の外部講師の謝金について、1回当たり10万円まで、回数は5回までを上限。

● 外部団体が行う研修等の受講費について、上限50万円。

その他、手続きの簡素化等も行われます。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

業務改善助成金の要件緩和・運用改善について(令和3年10月1日~)

タグ:,,

鹿児島銀行鹿児島銀行

九州経済研究所九州経済研究所

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

KTS鹿児島テレビKTS鹿児島テレビ

薩摩酒造株式会社薩摩酒造株式会社

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

関連リンク

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

介護経営研究会介護経営研究会

Touch On TimeTouch On Time

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

fbn-coronaprojectfbn-coronaproject

fbn-islsconsultingfirmfbn-islsconsultingfirm

トップへ戻る