トップページ > お知らせ > 令和4年1月から「眼の障害」の障害認定基準が一部改正されます(日本年金機構)

令和4年1月から「眼の障害」の障害認定基準が一部改正されます(日本年金機構)

 日本年金機構から、令和4年1月1日から「眼の障害」の障害認定基準が一部改正されることについて、お知らせがありました。 

主な改正内容は、次のとおりです。

●障害認定基準の改正

〇視力の障害認定基準

・「両眼の視力の和」から「良い方の眼の視力」による障害認定基準に変更します。

〇視野の障害認定基準

・これまでのゴールドマン型視野計に基づく障害認定基準に加えて、現在広く普及している自動視野計に基づく障害認定基準を創設します。

・求心性視野狭窄や輪状暗点といった症状による限定をやめて、測定数値により障害等級を認定するよう変更します。

・これまでの障害等級(2級・障害手当金)に加え、1級・3級の規定を追加します。

●診断書様式

視力・視野の障害認定基準の改正に伴い、診断書様式を改正します。

詳しくは、こちらをご覧ください。

リーフレットなどが紹介されています。

令和4年1月1日から「眼の障害」の障害認定基準が一部改正されます

タグ:,

鹿児島銀行鹿児島銀行

九州経済研究所九州経済研究所

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

KTS鹿児島テレビKTS鹿児島テレビ

薩摩酒造株式会社薩摩酒造株式会社

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

関連リンク

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

介護経営研究会介護経営研究会

Touch On TimeTouch On Time

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

fbn-coronaprojectfbn-coronaproject

fbn-islsconsultingfirmfbn-islsconsultingfirm

トップへ戻る