トップページ > お知らせ > 多様な正社員の雇用ルールの明確化に向けた論点を整理(厚労省の検討会)

多様な正社員の雇用ルールの明確化に向けた論点を整理(厚労省の検討会)

 令和3年11月12日開催の「多様化する労働契約のルールに関する検討会 第9回」の資料が公表されています。

 この検討会は、労働契約法の一部を改正する法律(平成 24 年法律第 56 号)附則第3項において、同法施行後8年を経過した場合に、改正労働契約法第 18 条の規定に基づく無期転換ルールについて、「その施行の状況を勘案しつつ検討を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて必要な措置を講ずるもの」とされていること等を受けて、無期転換ルールの見直しと多様な正社員の雇用ルールの明確化等について検討を行うことを目的として開催されているものです。

 今回の検討会の資料として、多様な正社員の雇用ルール等に関する論点を整理した資料が公表されています。

 今回は特に、多様な正社員の限定の内容の明示など、雇用ルールの明確化がテーマとなっています。

 どのようなことが論点とされているのか、興味があればご確認ください。

 詳しくは、こちらです。

多様化する労働契約のルールに関する検討会 第9回/資料

タグ:,

鹿児島銀行鹿児島銀行

九州経済研究所九州経済研究所

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

KTS鹿児島テレビKTS鹿児島テレビ

薩摩酒造株式会社薩摩酒造株式会社

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

関連リンク

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

介護経営研究会介護経営研究会

Touch On TimeTouch On Time

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

fbn-coronaprojectfbn-coronaproject

fbn-islsconsultingfirmfbn-islsconsultingfirm

トップへ戻る