トップページ > お知らせ > 作業ミスを修正するための行動も一連の労務 1分間分の賃金「56円」支払命令(地裁判決)

作業ミスを修正するための行動も一連の労務 1分間分の賃金「56円」支払命令(地裁判決)

「JR西日本の支社の男性運転士が、回送列車の出発を1分間遅延させるミスをしたことを理由として1分間分の賃金など56円が支給されなかったのは不当だとして、未払い分や慰謝料などを求めた訴訟について、令和4年4月19日、管轄の地方裁判所が56円の支払いを命じた。」といった報道がありました。

 当該地裁の裁判長は、業務の内容に反する誤りや遅延があった場合における正規の業務内容へ修正するための行動も「業務の遂行に向けた一連の労務」に当たると判断。

 男性運転士は自らミスに気付き、直ちに所定の業務内容に修正するべく行動したとして、1分間の遅延も労務に当たり、その1分間分の賃金支払いの対象になるとしたようです。

 その一方で、男性運転士が受けた不利益は少額で、賃金が支給されれば回復されるとして、慰謝料は認めなかったということです。

 報道でも多数取り上げられており、金額は僅かですが、そのインパクトは大きなものとなりました。企業側としては、このように話題になると、イメージダウンは免れません。就業規則の規定内容、労働時間の管理や給与計算などの重要性を再認識させられる判決となりました。

タグ:,

鹿児島銀行鹿児島銀行

九州経済研究所九州経済研究所

九州アジア人材開発協同組合九州アジア人材開発協同組合

KTS鹿児島テレビKTS鹿児島テレビ

薩摩酒造株式会社薩摩酒造株式会社

鹿児島ユナイテッドFC鹿児島ユナイテッドFC

オリーブ専門店Vigoreオリーブ専門店Vigore

関連リンク

全国社会保険労務士会連合会全国社会保険労務士会連合会

介護経営研究会介護経営研究会

Touch On TimeTouch On Time

一凛堂一凛堂

星ヶ峯柔道クラブ星ヶ峯柔道クラブ

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)

鹿児島ウーマンライフ研究会鹿児島ウーマンライフ研究会

fbn-coronaprojectfbn-coronaproject

fbn-islsconsultingfirmfbn-islsconsultingfirm

cloudBPOクラウドBPO株式会社

トップへ戻る